ジェンツーペンギンが見られる水族館一覧と種類の見分け方




このページでは、様々なペンギンの種類の中でも、ジェンツーペンギンを見ることができる水族館を地域別の一覧リストにしてご紹介します。

なお、ジェンツーペンギンに関する基礎的な情報は、このページの後半をご参照ください!

ジェンツーペンギンが見られる水族館の地域別一覧リスト

ジェンツーペンギンを見ることのできる水族館をご紹介します。

リンクになっている水族館については、当サイトの水族館紹介ページへのリンクとなっています。

個別ページについてはジェンツーペンギンに特化した情報とはなっていませんが、ぜひご活用ください!

北海道・東北地方でジェンツーペンギンが見られる水族館

おたる水族館 北海道
登別マリンパークニクス 北海道
仙台うみの杜水族館 宮城県
男鹿水族館GAO 秋田県

北陸・新潟地方でジェンツーペンギンが見られる水族館

越前松島水族館 福井県

関東地方でジェンツーペンギンが見られる水族館

鴨川シーワールド 千葉県
横浜・八景島シーパラダイス 神奈川県
箱根園水族館 神奈川県

東海地方でジェンツーペンギンが見られる水族館

南知多ビーチランド 愛知県
名古屋港水族館 愛知県

関西地方でジェンツーペンギンが見られる水族館

海遊館 大阪府
アドベンチャーワールド(マリンワールド) 和歌山県

中国・四国地方でジェンツーペンギンが見られる水族館

島根県立しまね海洋館アクアス 島根県
下関市立しものせき水族館 海響館 山口県

九州・沖縄地方でジェンツーペンギンが見られる水族館

長崎ペンギン水族館 長崎県

ジェンツーペンギンの特徴

ジェンツーペンギンは、南極周辺の島々をはじめ、南米大陸のフォークランド諸島などを生息地域とするペンギンです。

見た目のイメージとは違って、意外と体長は大きく、ペンギンの種類の中では、あのコウテイペンギンやオウサマペンギンに次ぐ3番目の大きさです。

ジェンツーペンギンの見分け方

名前の由来となったジェンツーは、ポルトガル語で「異教徒」を意味するGentooから。

これは、頭の白い部分がターバンのように見えたことに由来するそうです。

写真の左側、正面を向いているのがジェンツーペンギンですが、確かに白い帽子のような、ヘアバンドのような、ヘッドフォンのような見た目ですね。

また、意外と気付きにくい特徴として、ジェンツーペンギンは尾の部分の羽が長く、同じ種類群(アデリーペンギン属)に属するヒゲペンギンやアデリーペンギンも同じ特徴を持っています。

見る機会があれば、ぜひお尻の方にも注目してみてくださいね!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。