フェアリーペンギン(コガタペンギン)が見られる水族館一覧と種類の見分け方




このページでは、様々なペンギンの種類の中でも、フェアリーペンギン(コガタペンギン)を見ることができる水族館を地域別の一覧リストにしてご紹介します。

なお、フェアリーペンギンに関する基礎的な情報は、このページの後半をご参照ください!

フェアリーペンギンが見られる水族館の地域別一覧リスト

フェアリーペンギンを見ることのできる水族館をご紹介します。

リンクになっている水族館については、当サイトの水族館紹介ページへのリンクとなっています。

個別ページについてはフェアリーペンギンに特化した情報とはなっていませんが、ぜひご活用ください!

北海道・東北地方でフェアリーペンギンが見られる水族館

仙台うみの杜水族館 宮城県

北陸・新潟地方でフェアリーペンギンが見られる水族館

この地域ではコウテイペンギンを見ることはできません。

関東地方でフェアリーペンギンが見られる水族館

東京都葛西臨海水族園 東京都

東海地方でフェアリーペンギンが見られる水族館

この地域ではコウテイペンギンを見ることはできません。

関西地方でフェアリーペンギンが見られる水族館

アドベンチャーワールド(マリンワールド) 和歌山県

中国・四国地方でフェアリーペンギンが見られる水族館

この地域ではコウテイペンギンを見ることはできません。

九州・沖縄地方でフェアリーペンギンが見られる水族館

長崎ペンギン水族館 長崎県

フェアリーペンギンの特徴

フェアリーペンギンは、オーストラリア南部からニュージーランドにかけての範囲に生息するペンギンです。

フェアリー(妖精)の名にふさわしく、成長しても40cm程度にしかならない小さなペンギンであるため、コガタペンギン、リトルペンギンなどと呼ばれることもあります。

水族館では、ペンギンのヒナ、と間違えられることも多いですが、小さくて立派な大人のフェアリーペンギンです。

また、よく動きを見ていると、その他のペンギンは直立不動になる姿がお馴染みですが、フェアリーペンギンは少し前傾姿勢で移動する様子が特徴的ですので、ぜひチェックしてみてください。

フェアリーペンギンの見分け方

フェアリーペンギンは、その小さな身体から、他のペンギンと区別することが容易です。

また、混ざっていると別の種類のヒナと間違えてしまうかもしれませんが、模様についても白と黒が二面にハッキリ分かれており、すぐに見分けることができるはずです。

ケープペンギンのヒナ(福岡県・マリンワールド海の中道)

基本的にフェアリーペンギンは他のペンギンと一緒に飼育されていることがないので、たくさん小さいペンギンがいたら、それはフェアリーペンギンです!

それほど多くの水族館では見られませんので、対象の水族館へ行くときにはお見逃しなく!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。