アデリーペンギンが見られる水族館一覧と種類の見分け方




このページでは、様々なペンギンの種類の中でも、アデリーペンギンを見ることができる水族館を地域別の一覧リストにしてご紹介します。

なお、アデリーペンギンに関する基礎的な情報は、このページの後半をご参照ください!

アデリーペンギンが見られる水族館の地域別一覧リスト

以下では、アデリーペンギンを見ることのできる水族館をご紹介します。

リンクになっている水族館については、当サイトの水族館紹介ページへのリンクとなっています。

個別ページについてはアデリーペンギンに特化した情報とはなっていませんが、ぜひご活用ください!

北海道・東北地方でアデリーペンギンが見られる水族館

この地域ではアデリーペンギンを見ることはできません。

北陸・新潟地方でアデリーペンギンが見られる水族館

この地域ではアデリーペンギンを見ることはできません。

関東地方でアデリーペンギンが見られる水族館

横浜・八景島シーパラダイス 神奈川県

東海地方でアデリーペンギンが見られる水族館

名古屋港水族館 愛知県

関西地方でアデリーペンギンが見られる水族館

海遊館 大阪府
アドベンチャーワールド(マリンワールド) 和歌山県

中国・四国地方でアデリーペンギンが見られる水族館

この地域ではアデリーペンギンを見ることはできません。

九州・沖縄地方でアデリーペンギンが見られる水族館

この地域ではアデリーペンギンを見ることはできません。

アデリーペンギンの特徴

アデリーペンギンは、南極大陸も生息地に含む寒い地域のペンギンです。

一般的にペンギンは寒いところに生息するイメージが強いですが、南極大陸で繁殖などを行うことのできるペンギンは、実はこのアデリーペンギンと、コウテイペンギンの二種類だけです。

このため、水族館で飼育されるときにも、空調で冷やした部屋で飼育されています。

アデリーペンギンは、特に関東圏にお住いの方にとっては馴染み深いペンギンかもしれません。

それは、JR東日本が発行している「Suica」のイメージキャラクターであるペンギンのキャラクターは、このアデリーペンギンをモデルとしているからです。

そう考えると、アデリーペンギンは日本で最も多くの人の目に触れているペンギンと言えるかもしれないですね。

アデリーペンギンの見分け方

アデリーペンギンは、「マンガのような」と表現されるような丸い目が特徴的で、ハッキリと他のペンギンとは異なる顔つきをしています。

あえて言えば、身体の前後で白と黒が明確に分かれているところが、フェアリーペンギンにも少し似ていますが、毛並みや、やはり特徴的な顔つきによって、容易に区別することができます。

フェアリーペンギン(葛西臨海水族園)

その他の特徴として、アデリーペンギンは尾の部分の羽が長く、ヒゲペンギンやジェンツーペンギンも同じ特徴を持っています。

また、意外と気付きにくい特徴として、アデリーペンギンは尾の部分の羽が長く、同じ種類群(アデリーペンギン属)に属するヒゲペンギンやジェンツーペンギンも同じ特徴を持っています。

足元を見る機会があれば、ぜひお尻の方にも注目してみてくださいね!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。