水族館ライター・水族館研究家プロフィール

当サイトでは、一人でも多くの方が水族館の魅力を知り、実際に足を運んで頂くために、水族館に関する研究や、全国津々浦々の水族館を歩いて私が感じた水族館の魅力を、記事として掲載しております。

通常の紹介記事の他にも、水族館に関する様々な話題を提供する特別企画記事も掲載し、単なるレジャー施設とは違う水族館の素晴らしさをお伝えしたいと考えています。

水族館のライター、ブロガー、ジャーナリストなど様々な表現があると思いますが、水族館の研究者としての立場から、媒体や内容は問わず、水族館に関する情報を発信していきたいと考えています。

掲載を希望される場合には取材執筆も致しますので、お問合せフォームよりお気軽にご相談ください。

水族館ライター・水族館研究家プロフィール

原澤恵太。1987年生まれ。水族館研究家。

法務、会計、税務、人事労務、広告、広報、ウェブサイト運営、マーケティングなどの職務経験の後に、法政大学経営大学院にて経営管理修士(MBA)を取得(専門はサービス・マーケティング)。

趣味である全国各地の水族館巡りをきっかけに、水族館経営の課題解決に関心を持ち、MBAの修士論文にて「水族館経営構造の体系化と持続的発展の考察」を執筆。

卒業後も水族館経営に関する研究を続けながら、水族館経営に関する講演や大学での講義を行う傍ら、メディア出演や記事の執筆を通じて水族館の情報発信を行う。

また、研究の成果を踏まえた経営支援を行うことで、水族館経営の持続的発展の実践にも携わる。

当サイトは、検索行動等を通じた水族館に関するユーザーインサイトや動向把握の観点から運営。

【研究領域】

水族館の今日的な社会的存在意義を見直し、的確な機能発揮の実現を通じた水族館の持続的な発展に必要な要素を研究する。

中小企業診断士、経営管理修士(MBA)の視点から水族館の経営を捉え、戦略策定やマーケティング手法の変化を追求。

また、日本の事例に限らず、海外の水族館における利用者や社会との関わり方や経営構造を分析し、日本の社会的・経済的な経営環境に適した形での新たな水族館のあり方、コミュニケーションの方法などを提起。

日本の水族館の転換期として、これまでとは大きく異なる業界としての方向性を示すべく、理論・実務の両面から研究を行なっている。

【略歴】

  • 法政大学経営大学院特任講師(2018年4月〜2019年3月)
  • 帝京科学大学非常勤講師(2019年4月〜 現職)

【論文】

論文:水族館経営構造の体系化と持続的発展の考察

2018年1月1日

メディア掲載・出演情報

水族館に関するテーマについて、水族館ライターや水族館研究家としてコメントやご出演させて頂いた情報をご紹介します。

様々なメディアを通じて、水族館の魅力や楽しさをお伝えしたり、水族館が抱える問題などについて解説させて頂いています。

(1)エフエム茶笛「やばせ一郎の元気が出るラジオ」様

2018年5月5日・12日に、水族館研究家としての活動やオススメ水族館についてのテーマでご出演させて頂きました。

公式サイトリンク

(2)集英社「週刊プレイボーイ」様

2018年10月1日号(No.39,40特大号)にて、犬吠埼マリンパークの閉鎖に伴うニュースについてコメントさせて頂きました。

公式サイトリンク(バックナンバーの取り扱いがあります)

(3)TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」様

2018年9月14日に、新江ノ島水族館でのセーリングW杯開会式に関するニュースについてのテーマでご出演させて頂きました。

公式サイトリンク(音声をお聞き頂くことができます)

(4)サンシャインエンタプライズ「いきものAZ」様

2018年12月〜2019年3月まで、経営の観点から見た水族館の姿について全13回の連載記事を掲載して頂きました。

特設ページはこちら

(5)マガジンハウス「カーサブルータス」様

2019年8月9日号(No. 234)にて、これからの水族館の姿について解説した記事を掲載して頂きました。

公式サイトリンク(バックナンバーの取り扱いがあります)

(6)静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」様

2019年10月8日の「深掘りパネルゼミ」のコーナーに出演し、伊東の追い込み漁再開と水族館のイルカ問題について解説をさせて頂きました。

公式サイトリンク(放送内容のアーカイブがあります)※期間限定