水族館ライタープロフィール

水族館.comの記事執筆を担当している原澤です!

いつも当サイトの記事をお楽しみ頂きましてありがとうございます。

当サイトでは、一人でも多くの方が水族館の魅力を知り、実際に足を運んで頂くために、水族館に関する研究や、全国津々浦々の水族館を歩いて私が感じた水族館の魅力を、記事として掲載しております。

通常の紹介記事の他にも、水族館に関する様々な話題を提供する特別企画記事も掲載し、単なるレジャー施設とは違う水族館の素晴らしさをお伝えしたいと考えています。

水族館のライター、ブロガー、ジャーナリストなど様々な表現があると思いますが、水族館の研究者としての立場から、媒体や内容は問わず、水族館に関する情報を発信していきたいと考えています。

まだリンクを掲載していない水族館も随時更新を予定しております。

掲載を希望される場合には、お問合せフォームよりご依頼頂けましたら、取材執筆も致します!

詳細は、記事執筆サービスに関するページをご参考にしてください。

当サイトの記事にある写真も、全て私が現地で撮影したものを使用していますので、写真対応も可能です。

水族館ライタープロフィール

原澤恵太。1987年生まれ。水族館研究家。

法務、会計、税務、人事労務、広告、広報、マーケティングなどの職務経験の後に、法政大学経営大学院にて経営管理修士(MBA)を取得(専門はサービス・マーケティング)。

趣味である全国各地の水族館巡りをきっかけに、修士論文にて「水族館経営構造の体系化と持続的発展の考察」を執筆。

卒業後の2018年度からは、法政大学経営大学院の特任講師として水族館経営に関する研究に従事。

中小企業診断士、経営管理修士(MBA)の視点から、水族館の経営について研究を行なっており、水族館に関するユーザー目線での情報発信のため、水族館ライターとして当サイトにて独自の観点から水族館に関する記事を執筆。

論文:水族館経営構造の体系化と持続的発展の考察

2018.01.01

メディア掲載・出演情報

水族館に関するテーマについて、水族館研究家としてコメントやご出演させて頂いた情報をご紹介します。

水族館の魅力・楽しさをより多くの方にお伝えし、水族館の役割・機能を発揮することに貢献できるよう、様々なメディアでの情報発信をさせて頂いています(^ ^)

(1)エフエム茶笛「やばせ一郎の元気が出るラジオ」様

2018年5月5日・12日に、水族館研究家としての活動やオススメ水族館についてのテーマでご出演させて頂きました。

公式サイトリンク

(2)集英社「週刊プレイボーイ」様

2018年10月1日号(No.39,40特大号)にて、犬吠埼マリンパークの閉鎖に伴うニュースについてコメントさせて頂きました。

公式サイトリンク(バックナンバーの取り扱いがあります)

(3)TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」様

2018年9月14日に、新江ノ島水族館でのセーリングW杯開会式に関するニュースについてのテーマでご出演させて頂きました。

公式サイトリンク(音声をお聞き頂くことができます)