オキゴンドウが見られる水族館一覧と特徴




このページでは、様々なイルカの種類の中でも、オキゴンドウを見ることができる水族館を地域別の一覧リストにしてご紹介します。

なお、オキゴンドウに関する基礎的な情報は、このページの後半をご参照ください!

オキゴンドウが見られる水族館の地域別一覧リスト

以下では、オキゴンドウを見ることのできる水族館をご紹介します。

リンクになっている水族館については、当サイトの水族館紹介ページへのリンクとなっています。

個別ページについてはオキゴンドウに特化した情報とはなっていませんが、こちらもぜひご活用ください!

北海道・東北地方でオキゴンドウが見られる水族館

この地域の水族館では見ることができません。

北陸・新潟地方でオキゴンドウが見られる水族館

この地域の水族館では見ることができません。

関東地方でオキゴンドウが見られる水族館

アクアワールド茨城県大洗水族館 茨城県
アクアパーク品川 東京都
横浜・八景島シーパラダイス 神奈川県

東海地方でオキゴンドウが見られる水族館

この地域の水族館では見ることができません。

関西地方でオキゴンドウが見られる水族館

くじらの博物館 和歌山県
アドベンチャーワールド(マリンワールド) 和歌山県

中国・四国地方でオキゴンドウが見られる水族館

この地域の水族館では見ることができません。

九州・沖縄地方でオキゴンドウが見られる水族館

美ら海水族館 沖縄県

オキゴンドウの特徴

オキゴンドウの最大の特徴は、6mにも達するその大きさです。

身体が大きい分、体重は軽く1トンを超える重さにまで成長します。

そのため、一般的にイメージする「クジラ 」の姿に近く、水族館で観ることができる種類としては、特に「クジラ」と感じられると思います。

シャチやマッコウクジラなどと同じ「ハクジラ」の仲間で、口には鋭い歯が生えています。

食べ物も、イカを丸ごと食べてしまうような豪快ぷりです!

さらに、こんな大きな身体にも関わらず、ジャンプが得意な一面も。

全身が水面から出るような大ジャンプする姿を目にすれば、その身体能力の高さに圧倒されること間違いありません。

オキゴンドウを飼育している水族館はそれほど多くありませんし、数も少ないため、観られる機会がとても貴重になりつつあります。

ぜひ間近でイルカとクジラの違いを肌で感じてみてください。

なお、オキゴンドウには以下のような仲間がいますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください!

  • オキゴンドウ 
  • ハナゴンドウ
  • カズハゴンドウ
  • ユメゴンドウ 

コビレゴンドウが見られる水族館の一覧と特徴

2019年12月29日

ハナゴンドウが見られる水族館の一覧と特徴

2019年12月29日

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。