京都水族館完全ガイド|レビュー・見どころ・お土産・アクセス




日本の中でも有数の観光地として知られる京都。

北部は海に面しており、また、多数の一級河川も流れる京都の新たな魅力として、楽しさと教育を兼ね備えた「エデュテイメント」をコンセプトの一つとした京都水族館が2012年3月14日にオープンしました!

駅から徒歩15分程度という町の中にあり、日本で初めて水槽の水にすべて人口海水を使っている水族館なんです!

そんな京都水族館の魅力を早速ご紹介します!

京都水族館の見どころレビューと所要時間

施設内は比較的広く、綺麗な水槽展示の数々にイルカショー、海獣エリアなど見どころがいっぱいで、所要時間は1時間半くらいです。

特にイルカショーは、夏休みなどの混雑時には15分以上前くらいから席の確保をした方が良いため、じっくり見るときには所要時間は2時間以上を想定しておくことをオススメします!

京都水族館は、主に以下のような見どころがあります。

  1. テーマ性が強い、みんなで楽しむイルカショー!
  2. 幻想的・神秘的な光や水の空間演出
  3. アザラシやオットセイ、ペンギンと近づく屋外展示

見どころその1:テーマ性が強い、みんなで楽しむイルカショー!

京都水族館でも人気が高いイルカショー。

バンドウイルカ達のパフォーマンスを通じて、イルカとのコミュニケーションの方法や身体能力の高さなどを知ることができます。

(かすかにですが)お寺や新幹線を背景にイルカ達が飛び跳ねる様子を観られるのは、ここ京都水族館だけの特別な体験です。

トレーナーも全面に出るタイプのイルカショーで、イルカ達とトレーナーが仲良くコミュニケーションをとる姿が印象的です。

また、複数のイルカが同時にジャンプする姿も、イルカ同士が息を合わせるからこそできる大技です!

京都水族館のイルカショーが特別なのは、観客も一体となって会場を盛り上げる点にあります!

最新の情報では新たに「劇場型」のパフォーマンスが始まり、公式サイトによると第4章まで続くパフォーマンスが予定されているようですので、開催時期などをチェックしてお見逃しないようにしてくださいね!

以下のご紹介は、以前のパフォーマンス例ですが、ショー会場に入ると観客全員にこんな「笛」が配られました。

リズムに合わせてみんなで一斉に笛を吹いて楽しむショーとなっていて、ステージには、太鼓を叩いたりしながら会場の雰囲気を作り上げる担当までいます。

普段とはちょっと違った楽しみ方ができますので、ぜひ実際に体験してみてください(^ ^)

なお、京都水族館は「エデュテイメント」をコンセプトにしていることから、イルカショーでも学びの要素が多いです。

人間とイルカでの心臓の鼓動の違いなど、他の水族館ではあまり体験できないようなイルカの生態についても楽しく学べるので、そんなポイントにもぜひご注目ください!

ちなみに、紅葉の季節にはこんな綺麗に色づいた景色も見られますので、ぜひお見逃しなく!

見どころその2:幻想的・神秘的な光や水の空間演出

京都水族館は、小さな水槽がたくさん並んでいる、というよりは、大きめの水槽をしっかりと見せていく、という印象です。

そのため、水槽ごとのテーマに合わせた装飾・演出がとても綺麗です。

例えば、入口すぐに現れるオオサンショウウオの展示。

スモークが川の流れる山あいに立ち込める霧のような幻想的な雰囲気を醸し出しています。

また、同じく川辺の展示では、川に落ちる小さな滝が爽やかで涼しげです。

さらに、順路の途中にある大水槽は特にオススメ!

暗闇に垂れる光の筋が神秘的ですらあります。

大きなエイが悠々と泳ぎ、とりわけイワシの群れが形を変えながら泳ぐ姿は、ずっと見ていても飽きずに楽しめる見どころとなっています。

他にも、幻想的な展示といえばクラゲ水槽

京都水族館では、もちろんクラゲ水槽も美しい展示となっています。

定番のミズクラゲも、アップで写真を撮るとインスタ映え間違いなしですね。

写真映えならオススメはこちらのアカクラゲ

鮮やかな模様と、ハッキリとした触手の輝きが、撮るたびに全く違う表情を見せてくれますよ。

少しだけ珍しい種類としては、このオワンクラゲ

ノーベル賞を受賞した下村博士が研究したことで有名になったクラゲですが、ミズクラゲなどともちょっと違った細い触手が特徴的なので、ぜひご覧ください。

ちなみに、京都水族館を運営している会社は、イチロー選手のCMでもお馴染みのオリックス株式会社。

東京スカイツリーの足元にある「すみだ水族館」と同じ運営会社です。

そう考えると、確かに青を基調とした水槽の雰囲気が何となく似ていますね!

すみだ水族館完全ガイド|見どころ・お土産・割引情報まとめ

2017.10.18

見どころその3:アザラシやオットセイ、ペンギンと近付ける屋外展示

京都水族館では、水族館の人気者たちが屋外に大集合しています。

オットセイやアザラシはクリアな水槽で浮かんだり、泳ぎ回っていたりするので、シャッターチャンスもたくさんあります。

とりわけこちらのゴマフアザラシは、円柱型の特殊な水槽で、丸っこい身体を浮かせながらのんびりしていることも多く、特に人気を集めています。

動きもゆっくりで、同じくらいの目線の高さにいることが多いので、ぜひじっくりその姿を観察してみてください。

オットセイの種類はミナミアメリカオットセイ

こちらはかなり高速で泳ぐため、写真を綺麗に撮るのはちょっと難易度が高いかもしれません。

アザラシの種類はゴマフアザラシ

運が良ければ、こんな風に密集する様子も観られるかもしれませんので、要チェックです!

順路をもう少し進むと、ケープペンギンのエリアが現れます。

薄いガラスを隔ててすぐ近くでペンギン達の姿を観ることができます。

こうして観ると、意外かもしれませんが、京都水族館ではかなりの数のペンギン達と出会えることが分かりますね。

エサの時間になると、必死に飼育員さんを追いかけるペンギン達の姿を観ることができます。

一見なんとなくエサを与えているようにも見えますが、誰がどれくらい食べたかをしっかり確認して、健康管理をしているそうです!すごいですね。

ちなみにこのペンギン、オットセイ・アザラシのプールから順路を少し進んだところで、水中の様子を観ることができます。

空の光を背景に、いわゆる「空飛ぶペンギン」を観ることができますので、ぜひチェックしてくださいね!

京都水族館のここがスゴイ!限定のおすすめ注目ポイント!

(1)衝撃のオオサンショウウオ!意外な姿のイモリの仲間たち

京都水族館を代表する生き物は、人気のイルカやペンギンではなく、なんといってもこのオオサンショウウオです!

世界的にも貴重な生き物ですが、京都の鴨川などでは野生のオオサンショウウオを観ることもできるなど、京都では特別な存在です。

他の水族館では目にすることすら少ないですが、京都水族館ではこんなに大量のオオサンショウウオがどっさりと密集しており、衝撃を受けます・・。

京都水族館ではサンショウウオに見た目もちょっと似た爬虫類の仲間として、海外の種類も含めた特徴あるイモリの仲間が展示されています。

まずこれは、名前が優雅でカッコいいフランスファイアサラマンダー

まるでドクガエルのような警戒色模様で、初っ端からとても印象的です。

また、こちらはストラウヒツエイモリ

今度は丸い水玉模様が特徴的で、日本ではイモリといえば地味な色というイメージも強いですが、実に多様な種類がいることを実感することができます。

さらに、こちらのマダライモリに至っては、他のイモリとは別次元の変わった模様をしていますね。

そもそもの色の違いが強烈なので、マダラの方ではなく、模様の方に注目して欲しいところです!

このように、サンショウウオをきっかけに、ちょっと変わった生き物の種類を深堀りできるのも、京都水族館ならではの独自ポイントです。

オオサンショウウオは、実際の体長に合わせた大きなぬいぐるみと一緒に、自由に写真を撮ることができるコーナーもありますので、ぜひ記念にいかがでしょうか^^

なお、そんなオオサンショウウオですが、野生では外来種との混血もかなり増え、在来種が危機的な状況になっています。

京都水族館では保護や繁殖活動にも挑戦しているそうですので、ぜひ様々な形で応援したいですね。

(2)海から川まで勢ぞろい、京都の生き物達

京都水族館では、京都の海や川で見ることのできる生き物を数多く展示しています。

それは一箇所のコーナーではなく、様々な展示の中で京都の生き物に出会えます。

例えば、こちらのちょっとお洒落な埋め込み式の水槽。

様々な小さな魚などが展示されていますが、例えばこちらのミノカサゴ

美しいヒレが特徴的で、丹後の海では少し珍しい魚ですが、夏などに水温が高くなると見かける機会も増えるそうです。

また、多くの水族館で見られるマツカサウオも、丹後の海でも見ることができます。

硬い鱗や鋭いトゲを持ち、発光するなど色々な特徴があるのにいまいちマイナーなので、個人的にはぜひもっと活躍して欲しいと思っています。。

さらに、この比較的大きな水槽やその周りには、食用などでもおなじみの魚が多く展示されています。

特にこのマダイは誰もが知っている美味しいお魚で、丹後の海では放流なども行なっているそうです。

こうした展示と合わせて、京都水族館では、絶滅が危惧される生き物の展示による啓発にも取り組んでいます。

後ほどレストランの項目でご紹介する「ハーベストカフェ」に併設されているこちらのコーナーでは、川に生息する生き物を中心とした展示が行われています。

川の魚は少し地味と感じていた方も、目線を変えると印象も違ってくるかもしれません。

例えば、この魚の名前はオヤニラミ

目の横にある黒い丸は、目を模した模様で、睨みつけているように見えることからこの名がつきました(相手が親でも睨む、親が子を守るために周りを睨む、など具体的な意味には諸説あるようです)。

また、こちらの川底を這う魚の名前は・・・

、そのまんまですね!

こんな風に、名前と実際の姿を比べることも、生き物をもっとよく知るきっかけになります。

他にも、一見同じように見える川魚達のヒレや模様の違いに注目。

これはどれかな?と真剣に見ると、意外と綺麗な姿をしていることにも気付きます。

なお、こちらでもカスミサンショウウオという種類のサンショウウオがおり、京都府の条例によって希少生物の認定がされています。

地味と思ってスルーせずに、思わぬ発見があるかもしれませんので、ぜひ川の生き物達にも注目してくださいね!

京都水族館のグッズとお土産

京都水族館のギフトショップは、順路を全て終えた出口にあります。

入館ゲートよりも前に入口があるため、館内に入らなくてもお買い物をすることができます!

なんといってもまず注目したいのはオオサンショウウオのグッズ。

実物のように隅っこに密集するオオサンショウウオ達は、ぬいぐるみの中でも一番人気です!

オオサンショウウオのぬいぐるみが一番人気というのも、京都水族館以外では考えられないですよね。。

しかし、京都水族館にいると、その愛くるしい姿に、段々と欲しくなってくるから不思議です。

大好きになった方は、ぜひ超特大サイズをどうぞ!

オオサンショウウオは、ぬいぐるみだけでなく可愛い扇子や文房具など、京都らしさのある商品もありますので要チェックです。

また、お土産に適したお菓子も充実しています。

定番のクッキーなども、とてもオシャレなパッケージで思わず箱だけで選びたくなってしまいます!

人気ランキングも高いクランチチョコは、個包装でたくさん入っているので、会社や友達など、たくさんの方に配る場合に特にオススメです。

同様に、こちらのチーズフィナンシェも、配りやすくてお土産にぴったりです。

京都と言えば八つ橋!ということで、京都水族館オリジナルパッケージの生八つ橋などもありますよ。

最後に、京都水族館が特にお勧めするのが、様々な生き物をモチーフにした「水族館和スイーツ」。

カラフルな見た目が可愛いオリジナルスイーツをぜひご堪能ください!

オマケに、雨が降った時にはこんな可愛いカサもありますので、急な雨でもチャンスだと思って手に取ってみて下さい(^ ^)

なお、このギフトショップだけでなく、館内の順路途中にもいくつかのグッズコーナーがあります!

いずれも、後述の「ハーベストカフェ」の手前にありますので、ぜひご覧ください!

京都水族館の飲食・レストラン

京都水族館では、主に2つの飲食・レストランエリアがあります。

(1)ハーベストカフェ

順路の終盤にあるのが「ハーベストカフェ」という飲食スペース。

京都の野菜を使った「京ロコモコ丼」のようにしっかり食べられる料理もありますが、ポテトや唐揚げ、ジュースのような軽食が中心となっています。

ポテトには丹後の塩、ホットドッグには京漬物など、地元食材を使った一味違った軽食を楽しむことができますよ。

そんな中、今回オススメするのがこちらの「九条ねぎのてっぱいチキンバーガー」です!

肉厚のフライドチキンの上には、京野菜の代表格である九条ねぎを酢味噌和えにしたものが乗っています。

九条ねぎのしっかりとした歯応えがとっても美味しいので、ぜひお試しください!

ちなみにこのカフェ、至る所にオオサンショウウオが貼り付いていて、可愛いようなシュールな雰囲気で楽しいのでぜひお立ち寄りください。笑

(2)かいじゅうカフェ

見どころでもご紹介した、アザラシやオットセイといった海獣達のエリアにあるのがこちらの「かいじゅうカフェ」です。

ここでは、ソフトクリームに加えて各種かき氷や、食べやすいチュリトスなどのスイーツが充実しています。

ここでは、ペンギンのマドラーが付いたペンギンスイムなど、ドルフィンカフェと少し違った商品も楽しめます。

そんな中、とりわけ目立つのが「すいぞくパン」です!

アザラシやイルカのほか、カメやチンアナゴなど、人気の生き物達をモチーフにしたパンが勢揃い。

中でも、オオサンショウウオは「アイディア勝ち」と思えるような再現度でとっても可愛いのでオススメです!

ちなみに、こちらのパンは、ハーベストカフェでも購入できますよ!

(3)スタジアムカフェ

イルカたちのパフォーマンスが観られるスタジアム近くには、さらに軽食寄りのメニューが中心のカフェがあります。

ソフトクリームやドリンクが充実しており、暑い日にはぴったりのラインナップです。

特に、可愛いイルカのマドラーが付いているドルフィンダイブや、イルカの形をしたクッキーが付いたドルフィンサンデーなど、スタジアムカフェにぴったりの商品もたくさんあります。

大人の方には、スティックチキンやフライドポテトと一緒に生ビールなどもオススメですよ^^

京都水族館の入館料チケットとお得な割引情報

京都水族館の入館チケットの料金は下記の通りとなっています。

  • 大人(社会人):2,050円
  • 高校生、大学生:1,550円
  • 中学生・小学生:1,000円
  • 幼児(3歳以上):600円
  • 3歳未満:無料

年間パスポートや障害者割引、団体割引など一般的な割引サービスがあります。

特に、学校での利用の場合には通常の団体割引よりもリーズナブルな価格設定がされていますのでご活用ください!

また、バスや地下鉄を利用する場合には、入館料が1割引になりますので、以下のご利用を予定されている場合にはお忘れないようご留意くださいね。

  • 市バス・京都バス一日乗車券カード
  • 市営地下鉄1dayフリーチケット
  • 強化観光1日および2日乗車券
  • 京都観光1日乗車券

京都水族館の営業時間と休館日

京都水族館の基本的な営業時間は10時00分〜18時00分です。

閉館時間の1時間前には入館できなくなりますのでご注意ください。

また、夏休み期間には、営業時間を夜の20時まで延長しています。

さらに、土日祝日だけでなく、平日にも時間延長をします。

お盆の時期には朝も9時から営業開始するなど、時期によって変則的な時間になっているので、具体的な日程を踏まえて事前に公式サイトを確認することをオススメします!

京都水族館のアクセスと駐車場

京都水族館の最寄り駅は京都駅です。

梅小路公園の中にあり、駅からの距離は1.5kmなので、京都の街並みを楽しみながら歩いていく方法がオススメです。

荷物が多い場合にはタクシーを使うのも楽ですが、京都駅前には大量のコインロッカーがあるので、荷物を預けて身軽な状態で歩き回るのも便利です。

また、京都市内にはたくさんのバスが走っているので、バスの利用も有効です。

バスの場合には、いずれも「七条大宮・京都水族館前」が最寄り駅です。

乗り場は以下の通りですので、他の観光などとも合わせてご参考にしてください。

  • 京都駅     :B3、A3、C5乗り場
  • 京都駅(八条口):八条通東行きF1乗り場
  • 七条京阪前   :七条通西行き乗り場
  • 四条大宮    :大宮通り南行き乗り場3
  • 桂駅      :東口1番乗り場

曜日によって運行の有無が異なる場合などもありますので、詳細は各バス会社のホームページを確認するか、バス停の案内をご確認ください!

感想・まとめ

京都を代表する生き物としてオオサンショウウオをメインにした、ちょっと珍しい推しが見られる京都水族館。

ノリノリで楽しめるイルカショーから、ゆったりとした時間の流れる幻想的な水槽まで、色々な時間の過ごし方に対応した楽しみ方が可能です。

観光ついでに、または京都水族館を目当てに、いずれの場合でも満足できること間違いないので、ぜひお越しください!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。