横浜・八景島シーパラダイスの見どころと所要時間は?




今回は、神奈川県の「横浜・八景島シーパラダイス」をご紹介します!

横浜・八景島シーパラダイスは水族館だけでなく、遊園地やホテルなどが一つの島に集合した複合テーマパークとなっています。

セットでお得なチケットなどもあるので、事前に一日のスケジュールを立てていくのがオススメです。

横浜・八景島シーパラダイスといえば、なんといってもまずはその広さ

園内はとっても広いので、ベビーカーを押しながらでも自由に歩き回ることができます。

水族館の中もベビーカーで歩くことができますが、一部狭いエリアもあり、混雑時はかなり動きにくいかもしれません。 

  1. 様々な魚や海獣に出会えるいわゆる水族館の「アクアミュージアム」(約2時間)
  2. 海の生き物に直接触れることができる「ふれあいラグーン」(約1時間)
  3. イルカに囲まれてお酒が楽しめる幻想的な「ドルフィンファンタジー」(約20分)
  4. 釣りや観察を通じて「海育」を体験できる「うみファーム」(約1時間)

の4つの施設が、総称として「アクアリゾート」と呼ばれています。(時間はおおよその所要時間です)

その他にも、広い園内には可愛いグッズがたくさんのギフトショップや、大きなレストランが多数あるので、一日中遊び尽くせること間違いなしです!

横浜・八景島シーパラダイスの見どころ

横浜・八景島シーパラダイスの見どころを3つにまとめてご紹介します。

  • 神奈川県でもジンベエザメに出会える!?
  • 様々な種類のペンギンを楽しもう
  • 圧巻!イワシのトルネード

横浜・八景島シーパラダイスの魅力を感じるオススメのポイントをご紹介します。

神奈川県でもジンベエザメに出会える!?

※この記事は2018年10月に改めてジンベエザメが導入される以前に書かれたものですのでご留意ください

ジンベエザメが見られる水族館と言えば、沖縄の”美ら海水族館”や大阪の”海遊館”が有名。

しかし。

都心から近いここ神奈川県でもジンベエザメが見られるってご存知でしたか?!

しかもこの水槽、実はイルカショーが行われているプールなので、ショーをしている時間帯には、ショーをしている様子が下から見られちゃうんです。

楽しいショーを演出してくれるスタッフや白イルカたちの影の努力が覗けます。

イルカショーの水槽でジンベエザメが見られるのは、ここ横浜・八景島シーパラダイスだけですよ!

様々な種類のペンギンを楽しもう

館内を進むと、セイウチホッキョクグマと並び、ペンギンコーナーが登場します。

ペンギン、と一言で言っても様々な種類がいますが、八景島シーパラダイスでは、

  • アデリーペンギン
  • イワトビペンギン
  • オウサマペンギン
  • ジェンツーペンギン
  • ケープペンギン
  • マカロニペンギン
  • マゼランペンギン

7種類のペンギンと出会うことができます。

水族館で見るペンギンは地上でぼーっとしていることも多いと思いますが、広い水槽のある八景島シーパラダイスでは、
こんな風に元気に泳ぎ回る姿に出会える可能性が高いのでオススメです。

床にはペンギンの種類や生息地域がイラスト付きで紹介されており、よく見ると、それぞれ見た目も結構違うので、ぜひお気に入りの種類を見つけてみてくださいね!

圧巻!イワシのトルネード

食卓でもお馴染みのイワシ

わざわざ水族館で見なくても・・と思っていませんか?

そんなあなたも、イワシの大群(時期によって5〜7万尾)が音と光に合わせて踊り乱れるこのイワシトルネードショーを観ればきっと考え方が大きく変わります!

普段はあまり目立たないイワシ達によるド派手なパフォーマンスは圧巻!

公演する時間帯が限られているので、お見逃しないように時間はしっかりチェックしておきましょう。

当サイト限定!厳選ピックアップ!

横浜・八景島シーパライダイスは大きくて広いため、大きな生き物が注目されがちですが、小さいサイズの水槽に展示される様々なタイプの生き物達も、とっても魅力的です。

例えばこれ!

とても不思議な姿をしているウミサボテン

植物のようにも見えますが、立派な動物です!

クラゲイソギンチャクの仲間(刺胞動物)で、小さな触手のようなものが動めく様子をぜひ観察してみてください・・。

奇妙な姿がちょっぴり苦手な方にはこちらがオススメ。

ヒメハナギンチャクムラサキハナギンチャクの水槽です。

とってもキレイなイソギンチャクで、まるで海底に咲く花のように咲き誇る様子は、幻想的で大人の雰囲気を醸し出しています。

こちらの変わったヒゲを蓄えたのはホウボウ

顔の下にあるヒゲのような部分は胸ビレが変化したもの。

足のように動かして、砂の中の獲物を見つけることができます。

また、左右にある胸ビレはまるで翼のように広がり、とっても綺麗なのでぜひチェックしてみてくださいね!

こうしたちょっと変わった生き物たちの姿を見ていると、ついつい時間が経つのも忘れて眺めてしまいそうです。顔が面白かったり、美しかったり、ぜひとも海の生き物の多様性をお楽しみください。

夏でも冬でも楽しめる!

アクアミュージアムの最後には、イルカショーのアクアスタジアムがお出迎え。


季節ごとに異なるプログラムが用意されており、1年のうち何度行っても楽しめるように工夫されています。

さらに、イルカ達の姿をじっくり見たい!という方にオススメなのがドルフィンファンタジーです。

水族館(アクアミュージアム)の隣にある建物で、トンネル型の水槽の中でたくさんのイルカ達が泳ぎ回っています。

また、縦長の大きな円柱型の水槽では、マンボウベルーガ(白イルカ)など、時期によって異なる展示がされているので、来るたびに違った生き物に出会えるかもしれません。

海に囲まれた八景島シーパラダイスでは、花火が見られたり、水の中の生き物に触れ合ったり、暑い夏を楽しむのにピッタリな水族館となっています。

ふれあいラグーンは、海岸に住む生き物に直接触れられる「タッチングプール」です。

屋外式で通常の水族館よりも大きいので、ちょっとした川遊び気分が味わえるから、いつも子供達の笑顔で賑わっています。

また、イルカが間近で楽しめ、運が良ければ触ることまでできちゃう水槽もあるので、こちらも要チェックです。

うみファームでは、何と釣りまで楽しめます!

海の中を観察したり、釣った魚を美味しく頂くことで、海の生き物について深く学ぶことができるので、お子様の勉強にもぴったりです。

しかし、横浜・八景島シーパラダイスは、冬のシーズンも見逃せません。

クリスマスがやってくる冬のシーズンには、海の生き物を模したとっても素敵なライトアップも楽しめますので、お子様連れだけでなく、カップルにも特にオススメです!

八景島シーパラダイスの割引情報

八景島シーパラダイスの割引情報をご紹介します。

八景島シーパラダイスの基本料金(アクアリゾートパス)は以下の通りです。

  • 大人(高校生以上):3,000円
  • 中・小学生:1,750円
  • 幼児(4歳以上):850円
  • シニア(65歳以上):2,450円

この価格から割引可能な方法を2つまとめます。

  1. コンビニエンスストア前売り券
  2. Yahoo!デイリーPlus

次に、それぞれの割引額をご紹介します。

1:コンビニエンスストア前売り券

八景島シーパラダイスのコンビニ前売り割引をご紹介します。

各コンビニの店内端末で八景島シーパラダイスの前売り券を購入すると割引が適用されます。

割引額は以下の通りです。

  • 大人(高校生以上):350円
  • 中・高校生:300円
  • 幼児(4歳以上):150円
  • シニア(65歳以上):300円

コンビニ前売り券は当日券の販売列で待つ必要が無く、便利かつお得になります。

手軽に購入できるので、ぜひ利用しましょう。

2:Yahoo!デイリーPlus割引

Yahoo!デイリーPlusとは約500円の月額料金を支払うことで様々な割引・クーポンが利用できるサービスです。

八景島シーパラダイスも割引の適用対象となっています。

割引額は以下の通りです。

  • 大人(高校生以上):650円
  • 小・中学生:400円
  • 幼児(4歳以上):250円
  • シニア(65歳以上):400円

Yahoo!デイリーPlusは通常料金より10%以上のお得になります。

八景島シーパラダイス以外にも様々なお店や施設が割引になりますので、加入を検討してみても良いかもしれません。

登録後2ヶ月無料のデイリーPlus公式サイトはこちら

八景島シーパラダイスのアクセスと駐車場

八景島シーパラダイスへのアクセスと駐車場情報をご紹介します。

八景島シーパラダイスへは電車または車で向かうことになります。

まず、八景島シーパラダイスへのアクセスをまとめます。

八景島シーパラダイスへのアクセス

八景島シーパラダイスへはシーサイドライン「八景島駅」を利用します。

シーサイドラインへの乗り換えは

  • 京浜急行:金沢八景駅
  • JR根岸線:新杉田駅

を利用することになります。

どちらを利用する場合もJR横浜駅を経由することになります。

東京方面からアクセスする場合はJR横浜駅を目指して移動するようにしましょう。

八景島シーパラダイスの駐車場

八景島シーパラダイスは周辺に公式駐車場が完備されています。

駐車場の利用料金は一律で1日:1,200円です。

駐車可能時間が定められており開島30分前~閉島30分後までです。

八景島島内には自家用車の乗り入れが出来ませんので注意してください。

土日祝日は駐車場利用者が多く、満車になる可能性があります。

可能な限り、公共交通機関を利用して訪れることをおすすめします。

まとめ

広い園内に様々な施設がひしめく横浜・八景島シーパラダイス。

多様な生き物はもちろん、季節ごとに工夫いっぱいのイベントも用意されています。

全てじっくり観ようとすると、文字通り一日中楽しむことができちゃいます。

色々な触れ合い方ができる横浜・八景島シーパラダイスで、生き物達の新しい一面に出会ってみませんか?

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。